エストロゲンの分泌低下を食い止めて、卵巣機能をアップさせる方法など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エストロゲンの分泌低下を食い止めて、卵巣機能をアップさせる方法

あいれみもめでたく?!40歳を過ぎ
女性ホルモンの減少に怯える年頃に
なってまいりました・・・
まだまだよぉなんて思いながら、
更年期障害!なんて言葉も、意外に遠い話では
なくなってきたりして!



女性ホルモン、といえば、エストロゲン
エストロゲンは、女性らしい体を作る、という役割のほかに
肌のハリ・乾燥を防いだり
髪のうるおいをキープしたりと、
全身の潤いを保ってくれる、大切なホルモンなのに
40歳を過ぎた頃から、分泌が減少し始めてしまうのです!


年々、減っていくことは、残念ながら食い止められない(涙)
ですが!まだまだ悲観することはありませんぬ!
エストロゲンは、卵巣から分泌され、
血流に乗って全身を回っています
なので、ホルモンは少なくなるけど、血流をアップさせれば
ホルモンバランスの乱れは、食い止められる!


それに、血流が悪くなると、ホルモンを分泌してくれる卵巣の働きも
悪くなるので、卵巣にしっかり血液を行き届かせるためにも
体内の血流を良くしておきたいですよね!


そこで!卵巣や子宮がある骨盤内の血流をアップさせよう!
まず、左手で左の肋骨のすぐ
右手で右の肋骨のすぐを、ぎゅっと掴みます
おへそを中心に、対角線上につかむことが大切!
掴んだら、そのまま骨盤を大きくゆっくり回します。
8回転ぐらいしたら、反対回しで8回転
次に手を入れ替え、左手は肋骨のすぐ
右手は肋骨のを掴んで、8回転×2回、回しましょう!


対角線状に掴むと、ただ骨盤を回したときに比べて
骨盤の周りがねじれるように回転するので
より一層!血流がアップするんです!


肛門にキュっと力を入れて回せば
骨盤底筋も鍛えられて、さらに血流がアップ!
さあ!エストロゲンを全身に行き渡らせるために
横腹をぎゅっと掴んで、骨盤を八の字に回しましょう!
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。