唾液腺マッサージで押さえたいポイントは3つなど、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唾液腺マッサージで押さえたいポイントは3つ

私たちって、だいたい1日に1.5リットル~2リットルくらいの唾液
口の中に出てる って言われてます。
結構多いですよね・・・
でも現代人は、柔らかいものが好きだし
あんまりよく噛む習慣がないので
唾液をいっぱい出す機能が弱くなりがち・・・
それに、ストレスが多いとさらに唾液が出なくなる!



唾液をいっぱい出すことは、美容と健康にも深~いつながりがあるんですよ
唾液の働きって、食べ物の消化 や、がん予防
抗菌作用・・・など、様々ありますが
その中でもさらに!気になるのが
老化防止のホルモン、パロチン 
乾燥を防ぐたんぱく質、アルブミン が含まれてること!
特に冬の間は、風邪予防もしたいので
唾液をいっぱい出したいですよね!


手っ取り早く出す方法って、もう簡単に

よく噛む

これに尽きる!んですけど
いつも何か食べているわけにもいかないので(汗)
唾液腺のマッサージをしましょう!


唾液腺には、大きいものが3つあり
①耳下腺(耳の前にある)
②舌舌腺((舌の下にある)
③顎下腺(顎の下にある)
なので、この3つを、効果的にマッサージすればおっけー


まず、①耳下腺 ですが、こちらは
指全体で、耳の前と、上の奥歯の辺りを、後ろから前に回して
マッサージします
だいたい10回位がいいですね
顔にかかる髪の毛を、耳にかけるイメージ・・・の逆をすれば良し!


次に、②耳下腺と③顎下腺ですが、こちらは
親指を顎の骨の内側の柔らかいところに当てて
耳の下から、顎の下まで5箇所くらい、順番に押します。
やってみてやってみて~ほぉら、じゅわっと唾液、出てきたでしょう!
お肌の乾燥対策に、外からの保湿だけじゃなくて
内側からも潤わないとね!
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。