唾液が減ると口臭が臭くなるなど、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

唾液が減ると口臭が臭くなる

私たちが分泌する液体・・・
涙、尿、汗、それから、唾液ですね
唾液って、つば とも言われますし
あんまり良いイメージを持たれないんですけど
お口の匂い を抑えるのに
大事な働きをしているのであります



ところで、唾液が1日にどれくらい作られると思いますか?
なんと!1.5リットル!
ペットボトル3本分にもなるんですね・・・
ちなみに、1.5リットル というのは、平均値で
かなり、個人差があります
一般的に若い人ほど量が多く、
歳を取るほど減少します
ストレス や、糖尿病 のような病気の影響で
減ることもあります。


日常生活の中で、唾液の量に大きな影響を与えるのが
食事、しかも、しっかりとよく噛む事
唾液の分泌量が増えます
唾液には、様々な機能がありますが
菌の増殖を抑えるという、抗菌作用があるのです


ところで、口臭の原因 って何だと思いますか?
口の中に住み着く細菌、嫌気性菌 の仕業なのです
嫌気性菌 は、文字通り、酸素のあるところを嫌がる細菌
葉と歯茎のすき間 や
舌の上に堆積した舌苔の奥に潜んでいて
プラーク と呼ばれる、粘着性の膜の中で
酸素を避けて暮らしているのであります


しかし!食べ物をよく噛むと
口の中にある、唾液腺から、唾液がいっぱい出てきて
口の中が激しく撹拌され、嫌気性菌が潜んでいる住処に
抗菌作用のある唾液と酸素が口いっぱいに広がり
嫌気性菌の増殖が抑えられ、菌も弱ってしまうんですね


なるほど、夜は唾液があまり出ないので
朝の起き抜けは口臭が臭いんですね・・・


柔らかいスナックや、加工食品ばかり食べていると
あまり噛まないので唾液が分泌されず
嫌気性菌が元気に増えて、口臭が強くなりやすいですよ~
あまり加工されていない、生の素材感が残った食材を
しっかり噛んで、口臭予防!
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL