夜に胃を空っぽにしておくことが、快便の秘訣など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜に胃を空っぽにしておくことが、快便の秘訣

健康の秘訣は?と聞かれたら
快食・快眠・快便!
この3つって、お互いに深く!関わっているのです
そして、この3つを束ねる大事な司令塔が
胃腸!
胃腸を快調にして、健康になろう!



さて問題です
胃の働き って何でしょうか?
「食べ物を消化すること」ですよね
実は、胃には、もう一つ 重要な働き があるんです
それは

胃の中が空っぽのとき、強く収縮 してるんです


お腹が空いたとき、お腹がぐぅ~って鳴って
ちょっと恥ずかしかった って経験ないですか?
食べ終わって、胃がすべての食べ物をどろどろにし終わって
腸に送り出してから、だいたい70~80分後に
自律神経が、空っぽの胃に指令を送って
胃が、食べ物が入っていたときよりも強く収縮し始めるんです
食べ物が入ってないのに、どうして収縮するの?


胃腸の中を掃除するため


強い収縮をして、胃腸に残った食べ物のカスなんかを
そぎ落として、胃腸の中をキレイにするんですね
他にも、胃腸の古い粘膜なども剥がして、
新しいものに作り替えてくれます
このときに、腸管内のガスが動いて
お腹が、ぐぅぅぅーって鳴るんですね
お腹が鳴るって、とっても大事なことなんですね


さてさて、こっからがもっと大事!
胃腸をキレイにする掃除、強い収縮運動は
夜に一番強くなる
睡眠中に何度か収縮してすっかり掃除し
朝、それを便 として出す!
これを毎日繰り返せば、胃腸は快調!ですね!


寝る2時間前には食事を済ませましょう 
っていわれる理由がここにあるんですね
ですが、夜遅い食事で、食べてすぐ寝てしまうと
寝てる間は、胃の中の食べ物が消化しにくいので
胃の中にずぅぅーと、食べ物が残った状態になります
すると、胃の中が空にならず、先ほど話した、
胃腸をキレイにする掃除、強い収縮運動が
起こってくれない

掃除されない

快便♪しない・・・
という悪循環に・・・


胃腸に長時間食べ物が留まっている状態では
ぐっすり快眠も出来ないですよね・・・
夜中にしっかり掃除して、胃腸をキレイにしてもらうために!
夜食 は出来るだけ小食に!ヘルシーに!
快食快眠快便サイクルをクルクル回しましょうね
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。