1週間保存できる!ジャーサラダを作るときの2つのポイントなど、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1週間保存できる!ジャーサラダを作るときの2つのポイント

瓶に野菜をいっぱい詰め込んで
持ち歩けるし、見た目におしゃれな
ジャーサラダ
野菜がいっぱい食べられるし
1週間保存できる から、週末にまとめて作っちゃえば
忙しい平日でもしっかり野菜摂取できますね!
ではでは!流行に乗って、あいれみも作ってみました!



瓶に入れるジャーサラダのメリットはいっぱい!
まず、蓋つきで密閉されるから

ドレッシングや、野菜の水分の水漏れなし!

かばんの中でゴロンしても心配ナッシング!
カラフルな野菜をつめるだけで華やいで
食卓も華やかに!

密閉されることで、空気が遮断され
1週間ほど鮮度が保たれ、しっかり保存できます


ここで、鮮度をしっかり保つためのポイント2つ!

①ドレッシングを一番下にいれる
次に、ドレッシングに漬け込みたい野菜(根菜・トマトなど)を入れる
ドレッシングの酢  や油が、野菜を美味しくマリネしてくれ、
時間を置くことで美味しさアップ!

②葉物野菜は一番上に入れる

葉もの野菜のような、痛みやすい柔らかな野菜を
瓶の下に入れてしまうと
ドレッシングと混ざって水気が出て
野菜の傷みが早くなってしまうのです


では、早速作ってみましょう!
きっちりふたが閉まる、480ミリリットルの瓶をご用意♪
水を入れて逆さにしてももれないことを確認してね
瓶の中に、オリーブオイル大さじ2、お酢大さじ1、塩コショウ少々いれ
箸でちゃっちゃっと混ぜ合わせます
ツナを汁ごと入れます
半分に切ったプチトマト、8等分にしたゆで卵、
1センチの角切りのきゅうりの順に入れます
CA3K1096.jpg
プチトマトは、断面を瓶の側面に貼り付けるようにして入れるとおしゃれ♪
一番上に葉物野菜 レタス、水菜、ベビーリーフを入れて
ふたをすれば完成!
CA3K1097.jpg
そのまま何もせずに保存し、食べる直前に
瓶を軽く上下に振って、ドレッシングを行き渡らせてね
お皿に盛り付けるときは、一番上の葉物野菜を皿のふちに少し盛り付けてから
中身を少しずつあけるとカンタンに盛り付けられますよ
CA3K1098.jpg
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。