お酒を飲むと痩せにくいのはなぜ?など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お酒を飲むと痩せにくいのはなぜ?

お酒は百薬の長!
お酒のカロリーは燃焼しやすく
飲んでも太らない!
っていうけれど、
実際問題、お酒ってダイエットするのに
いいの?悪いの?どっちなの?



結論から申しますと・・・
お酒は、ダイエットの敵!
やせにくくなる原因 なんですよ
その理由はズバリ!

脂肪を燃やす力を弱くしてしまう


体にとって、アルコールは 
その為、体内に入った場合
肝臓で、一生懸命!分解して、毒素を分解し
最終的に、二酸化炭素 と水 に分解して
体の外に排出させます


さて、頑張り屋の臓器 肝臓君は
もう一つの仕事、代謝 があります
代謝 というのは、食べ物の栄養を
体の各器官が必要とする形に変えたり、
エネルギーにしたりする働きのことです。


私たちは、人参を食べたからって、人参みたいに
赤くならないし
豚肉を食べても、豚 にはなりませんよね
ちゃんと、食べ物の栄養を、人間として生きるための
血や肉に作り変えたりしています
それが、肝臓のお仕事 とっても大事なお仕事なんです


さて、話を元に戻しますと・・・
アルコールを飲むとですね、
肝臓は、アルコールの毒を解毒化するお仕事を最優先!に
頑張るため、食べ物を代謝する ってお仕事は
二の次に・・・
食べ物を代謝する ってお仕事
体内に入った脂肪を、燃焼させ、エネルギーにする って仕事は
ほったらかし(笑)
アルコールが解毒化する間、脂肪は燃焼されず・・・うろうろ
処理されなかった脂肪は、
めでたく!余分なお肉 になってしまうのです


他にも、酔ってしまうとつい気持ちがおおらかになり
いつもよりも食べ過ぎてしまったりしてしまうので
やっぱりダイエット中の飲酒は、回数を減らすのが無難 ですね
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。