つい暴飲暴食してしまった後、次の日が大事など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つい暴飲暴食してしまった後、次の日が大事

日々食生活に気をつけていても
付き合い、飲み会、接待 で
つい食べ過ぎてしまうことがよくあります
気心知れた仲間との食事では
思いっきりハメを外して
飲み食いしたい時もありますよね
そんな日は、モチロンあるし
ダイエット忘れちゃってもしょうがない
問題は、次の日からの過ごし方!!!



だいたい、暴飲暴食した次の日の朝って
全く食欲ない と思います
ですが!何かしら、ほんと気持ち程度でもいいので
軽い 軽い 朝食を召し上がることをオススメします
(もし、飲みすぎで大量のアルコールを消化しきれず
ひどい二日酔い、酒残っちゃって
もう水飲んでも吐きそう!って場合は
ムリしないでね)


軽食は、例えば
バナナ リンゴ さっぱり柑橘系果物 でもいいですし
野菜ジュース、味噌汁 水分だけでもいいですし
ヨーグルト1個 でもおっけー

この、軽めの食事が 
食べすぎ

欠食

どか食い
の負のスパイラルからの脱却をしてくれるんです


食べ過ぎた次の日は、消化不良状態と
やっちまった罪悪感で
欠食したり、食事の量が極端に減ってしまいます
しかし、どんなに大量に食べても
時間が経てばきちんと消化吸収し
いずれはお腹が空きます
なので、前日夜食べ過ぎても、次の日の夜くらいには
お腹は空くんですね・・・


朝欠食に、昼も少量しか食べないってなると
悲しいかな前日大量に食べても
次の日、お腹は空き過ぎてしまうんです
お腹いっぱいで、気持ち悪くなって、落ち込んだけど
お腹が空くと、嬉しくなって、朝も昼もあんまり食べてないし
って気も緩んじゃって、再び食べ過ぎてしまう・・・


このように、食生活は乱れていき、1回の乱れが
ずぅーと長引いてしまうんですね
なので、食べ過ぎちゃったら、その後が大事!
欠食→どか食い を防ぐために
朝も昼も軽食を食べ
お腹空き過ぎ をストップ!
早めに、食生活を整えてあげましょう!
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。