口が臭くなるのは、唾液の分泌低下が原因など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

口が臭くなるのは、唾液の分泌低下が原因

お腹が空いているとき、緊張していたり
ストレスを感じていると
口が臭くなるんです
その原因は・・・唾液の減少



体調が変わったり、ストレスを感じると
自律神経が乱れ、唾液の分泌が減ってしまうんです
すると、口の中にいる、たくさんの細菌のうち
匂いの原因となる細菌が活性化して
口臭が発生してしまうんですね・・・


それに、アラフォーになると
体内の水分が減り
唾液が出にくくなる?!→口臭が発生しやすくなる!


日々、お客様に栄養のお話をする仕事をしている
あいれみには、一大事な問題!
そこで、サラサラな唾液を多く分泌させる、 舌の運動をしましょう
舌の付け根の裏側には、唾液の出る穴があり
その穴を動かすと、刺激されて、口の中を潤す唾液が
自動的に分泌されるんですね


穴の刺激の仕方は簡単♪
上下の唇と、歯を、1センチくらい、軽く開けます
軽く開けたまま、舌の先を、下の前歯の裏と
上あごの天井部分に、交互に当てながら
ららら~と言います
ららら~と言っていると、だんだん唾液が出てきて
らららーが、ちょっと、潤んだような聞き取りにくい
音に変わっていくのがわかりますよ!


日頃、口の中が粘っこかったり
なんとなく口の中が酸っぱかったり したら要注意!
口臭が発生する前の段階で
唾液が減っていますよぉっていう
サインなんです!
もし、周りに人がいても、口を閉じて小さくラララーを
すれば、ばれません!
日頃から、さらさら唾液をいっぱい出して
道具や、薬品に頼らず口臭予防してね!
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL