食べ過ぎてしまう前にやりたい!胃を小さくして食べすぎを防ぐ方法など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

食べ過ぎてしまう前にやりたい!胃を小さくして食べすぎを防ぐ方法

お腹はいっぱいなのに
食欲が収まらず、食べ過ぎてしまう・・・
実はその原因は、胃が垂れ下がり
胃が広がりすぎているのが原因かも
食事を取る前に
垂れ下がった胃を元に戻して
食欲を抑えましょう



胃が垂れ下がる?!ってどういうこと?
本来、胃は、肋骨(あばら骨)の中にキチンと収まって
たくさん食べても、重力に任せて垂れ下がることなく
肋骨のガードで満腹感を感じ
食べすぎをストップ!出来るしくみになってます


けれど肋骨って、呼吸をするたびに動いているし
くしゃみで折れるほどもろく、細い骨なので、
ゆがんだり、広がったりしやすいんです


肋骨が広がったままだと
食べた時に胃が垂れ下がり、満腹感を感じにくく
食べ過ぎてしまう危険が!
そこで、食べる前に、下がった胃を正しい位置に引き上げ
肋骨を閉めて、胃を小さく、肋骨の中にしっかり収め
食べすぎを防ぎましょう!


まずは、ペットボトルを用意
ペットボトルを下っ腹に置いたら
内臓を引き上げるイメージで、
下から上に引き上げます
まずは、お腹正面
お腹の両サイド、わき腹 まで 満遍なくさすり上げてね
お肉をすくい上げるイメージで
脇腹は、くびれを作るイメージで・・・


次に、手を腰に当てて
親指と、人差し指の間の、手の付け根部分で
肋骨を優しくおおうように挟みます
肋骨は細くもろいので、力いっぱい押さえつけないように!
息を吸って、吐ききったときに肋骨を内側に閉めます


先に胃を肋骨の中に収め
入れたら、肋骨を閉めて下に落ちないようにする ってイメージですね
つい食べ過ぎてしまう夕食前に習慣にすると
肋骨ガードで胃が必要以上に広がるのを防ぎ
自然と食べる量が減る効果が期待できますよ♪
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL