子供の野菜嫌いの克服法など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の野菜嫌いの克服法

今回はちょっと、ダイエットネタとは
外れますが、栄養士のお仕事をしていると
子供が野菜を食べてくれないんです・・・
っといった、お母さん方のお悩みの相談をよく受けるので
私がお答えしている、子供の野菜嫌いの克服法について
参考になりましたら、やってみてね!



まず、最初に、お子さんの野菜嫌いに
悩んでらっしゃったら

お昼に給食 を食べているのであれば
そんなに気にしないで・・・
家で作ったもの料理の中の野菜は、全く!食べないお子さんでも
学校の給食では、結構頑張って食べている場合が多いです
なので、うちの子、野菜全く食べないんです・・・と心配しても
お昼はしっかり野菜を食べてますので
夕ご飯に、ちょっと食べてくれたら、いいね!という感じで
おおらかに思ってて下さいね


ただ、やはり野菜は食べて欲しい・・・
ママの熱い気持ちは、大事なのですが
あまりオススメできないのが

ハンバーグ や、カレー に混ぜ込んで、分からなくする やり方


好きなものに、形状を細かく細かく分からないように混ぜ込んで

知らずに食べてしまって、結果として、野菜を食べた こと にはなるのですが
これでは、野菜嫌いは全く克服できません
これからも、混ぜ込んで、誤魔化して、食べさせるのは
料理の手間もかかるし、ママもストレス、子供も、分かってしまったときは
食事そのものを楽しむ って気持ちも下がってしまいます


それよりも、思い切って、どーん と、野菜!だって分かるように出す!


今は便利な世の中なので
ネットで検索すれば、簡単で、美味しい野菜料理が
たっくさん紹介されてますよね!
そのなかで、もう、見た目思いっきりメインな野菜料理を作ってしまうんです
例えば、ピーマン 
お子さんが嫌いだったら、
こちら、塩昆布をまぶして、レンチン♪ しただけの、お手軽メニュー
CA3K1043.jpg

まず、食卓に出して、「えぇぇー!ピーマン!嫌い!」
って、文句を言われても
「残していいから、一口食べてみて♪」って
とりあえず、一口は食べてもらいます
それで、「不味い!やっぱダメ!」
って言われたら、ハイ、サヨウナラ~
次は、細かくスライスして、鰹節とポン酢でサラダ風に~

CA3K1034.jpg " />
これも、思いっきり!ピーマン!ですが
とりあえず、一口は食べてもらいます
こんな感じで、いろんな調理法を試していくと
ピーマン は嫌いだけど、この食べ方 なら食べられる!
って、調理法が見つかるはず!
野菜嫌い って、野菜そのもの が嫌い よりも
この野菜の、この味 見た目 匂い が嫌い って思ってることが多いので
そんな嫌い ってものが排除された食べ方なら
意外に食べてくれる場合が多いんです!
なにかひとつでも、「あら、これなら大丈夫!」って調理法があったら
もうしめたもの!
浮気せず、もう常にその調理法で野菜を調理すべし!
お子さんも、野菜を食べて喜ぶママの笑顔を見るのは嬉しいもの!
野菜を食べられる!って自信にも繋がって
全くダメ!から、ちょっとダメ! ついに、まあまあ食べられる!って食材に昇進!出来ますよ♪
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。