骨盤底筋を動かして、鍛えるイメージが掴みやすくなる方法など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨盤底筋を動かして、鍛えるイメージが掴みやすくなる方法

骨盤底筋がたるんでいると
子宮などの、内臓の位置も下がっています
内臓が下がると、血流が悪くなり
女性ホルモンの分泌も悪くなる原因に!
今すぐ!骨盤底筋のたるみにストップ!



骨盤底筋のゆるみで 、尿もれ を引き起こし、
なかなか人に打ち明けにくい悩みだけに
悩んでいる女性が多いです
骨盤底筋を鍛えましょう!って言われても
骨盤底筋って、見えにくい場所にあるし
普段意識して骨盤底筋を使ったりすることがないので
なかなか鍛えにくい場所・・・


現代は和式トイレも減り、
しゃがんで踏ん張る!って動作も
あまりやらなくなってくると、骨盤底筋の筋肉は
使われなくなり、より一層衰えるばかりですね・・・


そこで!まず、骨盤底筋を
動かす!感覚を意識してみましょう



まず、息を長く吐くことをやってみます
息を吐くと、肺にある、横隔膜 が上がります
横隔膜は、ドームのような薄い膜の形の筋肉で、
肺の下、胃の上あたりにあって胸とお腹を隔てています。
息を吸うときは、横隔膜が収縮して、
下がることで肺に空気が流れ込み、
息を吐くときには、横隔膜が上に上がって肺を縮め、
肺から空気が出るってしくみになってます。
ちなみに、横隔膜がけいれんするのが、しゃっくり ですね


横隔膜が上がると、体の中ではそれに連動して
骨盤底筋も上に引っ張られ、動いています
なので、

自分の体にゴム風船があるって想像してみてね

からだの中のゴム風船の中の空気を追い出すために
風船の底の方を押し上げて、空気を追い出すでしょ?

息を吐く

体の中の、空気を追い出す

横隔膜が上に上がる

骨盤底筋が上に引っ張られて動く!


息を吐いて、中の空気を出す その為に
骨盤底筋を上に引っ張りあげる って意識すると
骨盤底筋が動いているのが分かりやすくなり
骨盤底筋を引き締めたり、ゆるませたりする感覚が
つかみやすくなります


動かす感覚が掴みやすくなればしめたもの!
骨盤底筋を動かして鍛えることが出来るんです!
是非!体の中にある、ゴム風船の中の空気を出すイメージをして
骨盤底筋を動かし、骨盤底筋を鍛えよう!
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。