夜中の過食を引き起こす、最大の原因は?など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

夜中の過食を引き起こす、最大の原因は?

ダイエット成功!の3本柱 といえば
食事 運動 睡眠 です
まず、一番力をかけたいのが、
なんといっても、食事 
では、2番目は?
皆さん、そりゃ運動でしょう!っておっしゃいますが・・・



運動よりも、意識したいのが

睡眠 なのです

睡眠は、ダイエットにとって、かなり!重要な条件!なのですよぉ


太っている方で、睡眠を7時間以上とっている人は
ほとんどいない!という統計もありますし
太っている方の睡眠時間は、平均5時間くらいだそうです!
短い!ですね・・・


では、どうして睡眠が少ないと肥満になりやすいのか・・・
起きてる時間が長いと、つい食べ物を口にしてしまう 
うんうん、当たり前だぁね
起きてる ってことは、もちろん、脳は覚醒してるので
夕ご飯食べた後、3時間くらいして、血糖値が下がると
「血糖値下がったぞぉ~、食べ物食べて糖分入れろぉ~」
って命令が下るので
夜遅いのに・・・つい食べてしまう・・・ってことに繋がります


それに、睡眠時間が短くなると
食欲を増進するホルモンが増え
かわりに、食欲を抑えるホルモンが減ってしまいます
夕ご飯をしっかり食べたのに
夜中に起きていると、なぜか空腹感を感じる・・・
受験勉強をしていたときに、夜食のラーメンが美味しかった経験は
科学的に証明されたものだったのですね・・・


それに、睡眠は、ストレスを解消する最大の方法!
日常のいや~な出来事を脳から取り除いてくれます
ところが、睡眠不足だとその日のイライラが
後々まで続いてしまい、結果、そのイライラが
過剰な食欲を引き起こしてしまうのであります


疲れているときは、あれこれ考えずに
さっさと寝てしまう!イヤなことはさっぱり忘れ
余計なものを口にすることなく、眠ってしまいましょう!
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL