食べる順番ダイエットの成果が上がらないのはなぜ?など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

食べる順番ダイエットの成果が上がらないのはなぜ?

最初に野菜を食べる
次に肉や魚などのおかず
最後のほうに ご飯を食べる っていう食べる順番ダイエット
効果あった!って方と
思ったより成果が上がらない・・・方がいらっしゃいます
やり方が違うの?合う合わないがあるの?
思うような効果が得られないのはどうして?



まず最初に野菜を食べる理由は・・・
野菜に多く含まれる食物繊維が
その後に食べる炭水化物の吸収を遅らせてくれるので
血糖値の急上昇を防ぎます
血糖値が急激に上がると、
脂肪を合成する働きがある インスリン というホルモンが
大量に分泌されてしまい、脂肪が付きやすくなります


野菜の効果で、血糖値がゆるやか~に上がれば
急激に下がることなく
ゆっくり下がるので
それだけ空腹になりにくい というメリットがあります


例えば、牛丼を急いで流し込むように食べると
血糖値は急上昇し、そして同じように急降下・・・
大盛りを頼んで、食べた後はがっつり満腹!状態でも
思ったより早く、空腹感を感じてしまう ってパターンです
しっかり食べたのに、なんかまた食べたくなっちゃって
次の食事の前に余分なものを食べてしまったり
空腹感を満たしたくて、次も多く食べ過ぎたり
ドカ食いしたりするんですね・・・


ここで大切なのは、

食べる順番を変えても、
食事の量や質が変わらなければ、体重は落ちにくい


最初に野菜から食べた焼肉定食が1000カロリー
かけこむように食べた牛丼が1000カロリー、で同じなら
摂取カロリーは同じで、牛丼を定食に替えただけじゃぁ、痩せませんです


食べる順番で、効果を得るためには!
空腹感を感じなくなり、余分なものを食べなくなる
野菜とおかずで、お腹が満たされ、
最後に食べるご飯が少なくなる
つまり、食べる順番を変えることってことを、
痩せやすくなる次のステップ台に して欲しいんです


食べる順番だけ換えた だけじゃぁ
悲しいかな・・・ダイエット効果は得られにくいのです・・・


まず、食べる順番を変える
これは、ダイエット成功のきっかけ

食べる量、食べ物の質(内容)を変えるっていう
次のステップがポイント!
ですよ~
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL