胃腸の働きを高め、免疫力をアップさせる腹筋の仕方など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

胃腸の働きを高め、免疫力をアップさせる腹筋の仕方

マチの掲示板に
「インフルエンザ予防接種できます」
って広告を見ると
あぁ、風邪が流行る冬がやってくるなぁって感じます
風邪をひきやすい時期って
疲れてるとき・・・カラダの免疫パワーが落ちてるとき・・・
それに、胃腸が弱ってるときにも
風邪をひきやすいんです!



今日は、今、パソコンを見ながら出来る
胃腸の機能を高め、風邪をひきにくくする、
お腹の肉を動かす腹筋運動をご紹介♪


両手は体の横に置いておき、リラックスします
鼻からゆっくり息を吸って吸って~
口から、ふぅーって吐いて・・・
お腹がぺったんこになるまで、息を吐ききります
手のひらでお腹がぺったんこになったのを確かめたら・・・


お腹に思いっきり意識を置いて
お腹の肉を、ぺこ!ぱこ!膨らませ凹ませる!
タッタッタ!ってリズミカルに上に引き上げるみたいな感じで動かすんです!


最初はちょっと面白く出来るんだけど・・・

10回くらいやってると、だんだんきつくなってくる!

が?!、目標は30回!
30回、ペコ!パコ!しましょう
ペコパコ30回は、1分もあれば出来ちゃうので
30回腹筋!って言われるより、ハードル低く
気軽に出来るんですよ!


はじめは30回まで持続できないですが
(あいれみは、最初10回くらいでやめちゃった(汗)
しばらくやってると、だんだん回数を増やせるようになります
普段、腹筋をしたり、インナーマッスルを意識するときって
ゆっくり、じんわり、効かせることが多いんですが
こうやって、素早い動きで、お腹の肉を動かすって
あんまりすることがないので、なまけた腹の肉を刺激するのに
効果的なんですね~


冒頭で話しましたが、こうして、お腹の肉をペコパコすると
内臓の血流がよくなって、細胞が取り込む酸素が増え
免疫アップ効果もあるんです!
ちょっと食べすぎ、飲みすぎで胃腸が疲れちゃうと
胃腸の働きが悪くなり
腸内細菌バランスも崩れ
口から入ってくる病原菌に対しての免疫パワーが落ちるんですね


そこで、内臓の筋肉をしっかり動かして
内臓にしっかり栄養分や、酸素を行き渡らせることが大切なんです
ペコパコ運動は、素早い動きを要求するので
その分、時間をかけずに運動できるのがオススメ!
テレビ見ながら~や、家事の合間、1分ほど
思いついたときに、お腹ペコ!パコ!やろう!
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL