若いときより、筋肉痛が遅れて出てくるのはどうして?など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若いときより、筋肉痛が遅れて出てくるのはどうして?

週末、友人と一緒に
ワンコインでジムのエアロビクス体験に行って来たら
月曜日は、太ももが筋肉痛で痛くて辛くて・・・o(TヘTo)
階段の上り下りが不可能に・・・
3日経って、ようやく痛みも引いたけど
筋肉痛になっちゃうって
日ごろ、運動不足だから、しょうがない?
筋肉痛になるのも、諦めが必要?



若いときは、運動してすぐ、筋肉痛になったんだけど
今じゃぁ・・・運動した当日はなんともなくても
次の日や、2~3日後に筋肉痛になってるなぁ・・・って
感じてませんか?
そもそも、見た目なんともないのに
なんで筋肉って痛くなるんだろうか・・・
筋肉痛って、ナニ?


普段あまりしてない運動をして
普段あまり使わなかった筋肉を急に動かすと
筋繊維が傷ついてしまいます
そこで、血中の白血球が集まってきて
筋繊維を取り囲み、壊れた筋繊維を修復します
この修復作業が、脳に伝わって筋肉痛を感じる ってメカニズムです。


では、年を取れば取るほど、
筋肉痛が遅れて出てくるのは、どーして?


年を取ると、毛細血管の血流が、若いときほどスムーズでなくなるので
毛細血管の中を通る、白血球も、流れにくくなってます。
血液の流れがスムーズでないと
白血球も傷ついた筋繊維にすぐに集まってこれないので
筋肉痛も若いときより送れて脳に伝わるようになり
その結果、若いときより、遅れて筋肉痛を感じることになるんですね


とは言っても、筋肉痛が遅れてやってくるのって
加齢のせいだって諦めたくないし
少しでも早く筋肉痛を感じられるようにしたい・・・
しかも、普段あんまりカラダを動かしてないけど、
たまにカラダを動かしたとき
やってくる筋肉痛の痛みは
ひどくないほうがいい・・・ですよね!


まず、激しい運動をして
筋肉痛になりそうだな・・・って予感がしたら

冷やしたペットボトルや、凍らせた保冷剤で、
筋肉痛になりそうな部分を冷やす!

アイシング と呼ばれてます


アイシングをすると、
痛んで炎症を起こした筋繊維の腫れがおさまるので
運動した翌日、日常生活に支障をきたす程の
痛みまでにはならずにすみます


つい、お風呂に浸かって温めるのが良いかな
よ~くマッサージしておくのがいいかな・・・
って考えがちですがヾ(・_・;)
炎症がひどくなって症状が悪化してしまうことになりかねないので
温めることやマッサージは、痛みが治まってから!
運動後は、まず冷やす!


冷たいものを直接、筋肉痛になってる部分に当てて
円を描きながら、やさしくマッサージしておくと
翌日、翌々日のつらぁい筋肉痛から解消されますよ
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。