運動は食前?食後?どっちが効果があるの?など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動は食前?食後?どっちが効果があるの?

ダイエット成功のためには
食事 に気をつけながら、体を動かす ことも
とっても大切
食事だけ、運動だけ よりも、2倍、3倍 の効果が
期待できます。
じゃぁ、運動しようって思っても
どうせやるなら、一番ダイエット成功しやすい時間を知りたい!
1日の中でどの時間帯が一番効率いいの?



答えを先に言うと

食後30分から、1時間以内に動く


昔から、「食べて寝ると牛になるよ!」って言われるのは
ナルホド理にかなっているのかもしれません


実は、私たちが何か食べると
すぐに、腸で吸収された糖分が
血液中を流れ出し、すぐに血糖値が上がりはじめ・・・

食後30分から、1時間後に、もっとも血糖値が高くなります


血糖は、血管の中にたくさんいたままだと
べたべたして、血管に悪さをするので
すい臓から、インスリン というホルモンが分泌され
血液中の糖を、すみやかに、細胞の中に取り込んでくれます
このとき!ここが大切ですよぉ!
体を動かしてないと、細胞の中に取り込まれた糖は、使われないので

脂肪になります


体を動かすと、糖は細胞が動くエネルギー源になり

燃焼します


食べた分を効率よく燃やすためには
血液の中に一番燃料(糖)がある、
食後30分~1時間以内 が効果的なんですね・・・


もちろん、じゃぁ食前じゃぁ運動の意味ないの?ってわけじゃぁあなくて
食前に運動するメリットは
動くことで、お腹すいたなぁ、食べたいなぁって気持ちを
紛らわすことができるので
食べすぎを防ぐことが出来ます


まぁどっちにせよ、食べて、動かないことが問題なので
いつでもどこでも、「食べたら動く」ってことが大原則ですね!
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。