床に座りながら背筋を伸ばす座り方など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

床に座りながら背筋を伸ばす座り方

床に座ってるとき、ごろ〰んと斜め座りしたり
あぐらをかいたり
おねえさん座り(とんび座り)してませんか?
この3つの座り方は、腰が丸まるので
左右どちらかの足が長くなってアンバランスになるし
股関節や、背骨が、ゆがみやすくなるんですって!



床に座るときに、気をつけたいのは

 背筋を伸ばし、骨盤を立てて座る 

そう、腰骨を立てるって言えば!

正座

ですね・・・やはり、日本古来からの座り方がいいんですね!


でも、正座って、腰が曲がるんじゃぁない?
ひざによくないって聞いたけど・・・という噂も耳にしますが


それは、正座をするときに
「かかとをお尻の外側に出して、つま先を重ねて正座する」から
両足のかかとと、つま先で出来た、三角形のくぼみに
お尻を置くっていう正座の仕方をしているからだそうです。


つま先を重ねると、つま先を上にしたほうの足が
上に乗っかったお尻の重みで、外に広がりやすくなり
左右の足の長さが違ってしまうそうです!
足もO脚気味になり、つま先がくっついているので
内股になってしまうんですね・・・


じゃぁどんな正座がいいのか?
まず、両膝は拳1個分くらい開けます

つま先は重ねずに、平行に置いて
かかとの上にお尻を置く 


っていう仕方がいいです


えぇぇ~ 、かかとの上にお尻を置くと
すぐ足がしびれちゃうんだよな・・・って方は
足の甲の下に、丸めたタオルを置いたり
お尻と足の間に、バスタオルや、半分に折った座布団を挟むと
クッション代わりになって、しびれにくくなります


正座すると足がしびれるのは、
足首が固いのが原因です。
1日5分でも正座をすると、足首が柔らかくなる ので、
だんだん正座をしやすくなりますよ
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL