挟むだけでぽっこりお腹をへこませるなど、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

挟むだけでぽっこりお腹をへこませる

あいれみの会社では
椅子の背もたれと腰の間に
直径20センチくらいの、小さいバランスボールを置いて
正しい姿勢を心がけている人もいます
もしデスクワークで、バランスボール使える職場なら
是非ぽっこりお腹の引き締め に使おう!



やり方は簡単~
直径20センチくらいの、エクササイズ用のバランスボールに
8割くらい空気を入れたものを
みぞおちの下の部分と、机の間に挟んで
ちょっと体を前に傾けるだけでおっけー!


CA3K0691.jpg


つまり、ボールがお腹の前面を支えてる状態ですね
でもって息を吸うとき、ボールがお腹の前を押さえているので
自然と、お腹の横にある、わき腹が伸びるんです
息を吐くときも同じで、わき腹が縮んでます


ボールを挟んでないときと、挟んでいるときを比べると
わき腹に手を置いて、呼吸してたらすぐわかります
ボール挟んでいたほうが、わき腹がちゃんと動いて、
お腹の筋肉を使って呼吸しているのが確かめられますよ


この、わき腹の筋肉は、お腹を帯状に筒んでいる、腹横筋で
内臓の位置を支える働きがある ので
腹横筋を鍛えることで、
ぽっこりと垂れ下がった下っ腹をへこませたり
ウエストのサイズがダウンする効果があるんだそうです!


呼吸って、一日2万回以上も!するので
つまり息をするだけで、2万回の腹筋効果!
もし、ちょっと職場にバランスボールは持って行きにくいって人は
上司に。「腰痛予防に!」って、自分から始めちゃおう!

関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL