座るだけで足のリンパの流れをよくする方法など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

座るだけで足のリンパの流れをよくする方法

床に体操座りで座ったら、ゆっくりの足を広げて
出来るだけ膝が床に近づくところまで、足を広げてみてね
体がかたーいあいれみは、膝が床にくっつく気配さえ
感じられない高さで動かなくなり
股関節グキグキッ!いたたたたた・・・ってなっちゃいました・・・



床に座って、両足の裏をくっつけて
膝を床に倒していく動作は
股関節を包み込む筋肉がじーんわりと伸ばされるので
筋肉の強張りを芯からほぐしてくれます

足があまり開きにくかった人は
普段、股関節が強張って、股関節が繋がる骨盤の動きが
制限されてしまっているのかも?!
骨盤の動きが悪いと、骨盤がゆがんだまま凝り固まってしまい
姿勢が悪くなる原因にもなります


そこで!、股関節の周りの筋肉の強張りをとってあげて
骨盤の動きをスムーズにしたいですね


それになんといっても、股関節周辺は
足へ血液を送る太い血管や、たくさんのリンパ節が集まっているので
股関節の筋肉をほぐすことで、血液やリンパ液の流れがよくなり
老廃物が体の外に出やすくなり、冷えやむくみの解消!


さて、ここでもう一工夫!
足の裏同士をぴったりと合わせていますが
今度は足の小指同士はくっつけたまま、
足の裏を天井に向けてみてね
およ!さらにさーらに、股関節が伸ばされますよね!


さらに!もう一工夫!
足先を両手で包み込むように持って
ダルマを転がすようなイメージで
腰を右に~左に~揺り動かしてみましょう
これでもっともっと股関節が緩んで
さらにリンパの流れが良くなること間違いなし


この運動は、お風呂上りの体が温まったときにやるといいですね
最初は、足の裏同士がうまくくっつきにくかったり
膝と床が遠く離れていても
風呂上がりに、ぐらーんぐらーんと、ダルマみたいに股関節のばししてると
股関節もだんだん柔らかくなり、
イタ気持ちよくやみつきになるポーズですぞ!
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL