糖質ゼロのお酒を飲むときの、おつまみの選び方は?など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

糖質ゼロのお酒を飲むときの、おつまみの選び方は?

最近の糖質抜きダイエットのブームで
お酒でも、糖質オフ のものが多く出てきましたね・・・
特に、ビールは、小麦から出来ているので
他のお酒よりも、糖質が多く
飲みすぎると、脂肪になりやすいので
腹回りにお肉がついて、ぽっこりお腹の原因に・・・
そこで、焼酎や、ウィスキーなどにして
おつまみも思いっきり糖質カット
これでさあ、太らんでしょ!って
ちょっと待ったぁ!



口から入ったアルコールは
肝臓へ行って、代謝され、有害なアセトアルデヒドに分解されます
このアセトアルデヒドは、脳や、内臓に強いダメージを与える
有害成分で、頭痛や、吐き気 などの原因物質と考えられてます
いわゆる、悪酔い、二日酔い の状態ですね・・・。≠( ̄~ ̄ )


実は、このアセトアルデヒドを分解する能力は
遺伝子で決まっていて、人間は
アセトアルデヒド分解酵素の遺伝子を、2本持っているのですが

2本とも分解力が強い
1本だけ強い
2本とも弱い

の3パターンに分かれます

2本とも弱い遺伝子を持つ、いわゆる 下戸 の人は
本人が、「飲めない」と自覚しているので心配ないですが
1本だけ強い と言った、お酒は飲めるけど、弱いんだよねぇ・・・って方は
アルコールの血中濃度が下がりにくいので
強いお酒をいきなし飲むのは危険ですぞ


ちょっと飲んだだけですぐ酔っちゃったり
すぐ顔がまっかっかになって嫌だぁ って人は
遺伝子の1本が弱いんだぁと自覚して 
周りの強い人に振り回されず、ペースを守って
飲み過ぎないようにするのがいいですね (^o^)□ 


さて、アセトアルデヒドに分解された後は、
さらに、酢酸 という無毒な物質に分解され、
尿に溶けて排出されますが
この!酢酸に分解されるときに、オキサロ酢酸っていう物質が必要で
オキサロ酢酸は、糖質から作られるので、
糖質も少しは食べたほうがいいのです


もとから糖質を含む、ビール、日本酒ならば、問題ないですが
焼酎や、ウィスキーは、糖質ゼロで、ビールよりもアルコール度数が高いので
少しは糖質を食べないと、アルコールが代謝しにくくなり
悪酔い、二日酔いを引き起こしやすくなります


なので、糖質を毛嫌いせず
餃子 とか、シュウマイ、春巻き、など、少しの糖質を食べて
アルコールの代謝を助けてあげるといいですよ


だからって、糖質必要だからと

〆にお茶漬けや、ラーメン食べちゃったら、
がっつり!太るのでご注意!



そうそう、ワインは、甘口だと糖質入ってますが
辛口ワインは糖質ゼロタイプが多いので
少しづつゆっくりと味わいましょうね■Dヾ(^∇^ )
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
履歴書を書いてみよう at 2013/11/14(木) 10:35 | URL

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL