空腹のときって、甘いものがおいしい?など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

空腹のときって、甘いものがおいしい?

ケーキバイキングに行ったときに
最初は、あま~いケーキを、美味しい!美味しい!って
バクバク食べ続けられるんだけど
お腹がいっぱいになってくると、
だんだん、あまり甘くなくなって
美味しい!って思えなくなってくる・・・
って経験、ありませんか?



私たちって、食べ物の味を味わうときって
舌 を使って、甘い とか、しょっぱい とか
味を感じる のですけど
舌 の表面には、みらい という、器官があって
そのみらい の表面に、私たちが感じる、
甘味、苦味、酸味、塩味、うま味 の5つを感じる
受容体が、口を開けてるみたいに、
食べ物を待ち構えているのだそうですm( ̄○ ̄)mアーン♪


私たちが、例えば、甘い砂糖を食べると
甘味 を感じる受容体に、
その砂糖のちっちゃくなったやつがくっつきます
すると、くっついた受容体が、脳に
「甘いもの入ったぞ~」って指令を出して
脳が、「甘い!」って感じるのであります


さてさて、冒頭でお話した、ケーキバイキングの件と
この、味覚の受容体 と
どんな関係があるんじゃ?って話ですが
空腹状態のときと、満腹状態のときとでは
なんと、甘味の感受性が変化する のだそうな


お腹が空いているときは、体が、エネルギー不足 だと判断し
脳内物質が分泌されて、甘味よ来い来いモードへ
甘味をより感じやすいように、感受性がアップ!します


反対に、お腹が膨れると、レプチン という、満腹ホルモンが働き(* ̄◇)=3 ゲプッ
甘いものもういらないよぉって感じで、
あまり甘さを感じにくくなるそうです


あまり甘さを感じにくくなる

食べ物を美味しいと思えなくなる

ごちそうさま~
ってなればいいんですけど
実際には、バイキングだから元を取らないと!とか
おなかいっぱいだけど、甘いものは入るのよねぇ なんてな
感じで、そんなに食べたいって思わないのに、食べ過ぎてしまいがちですよね・・・


空腹は最大のスパイスだぁ なんて言葉にもありますけど
やっぱり、お腹が空いた状態での食事が一番美味しい!
食べ物も、美味しい!って感じながら食べてもらいたいはず!
今、お腹が空いて食べたいのか、別に食べなくても大丈夫な状態なのか
食べる前に、ちょっと一呼吸して
うんうん、甘味の受容体の活性、最大限に引き出されてるかな?
もし、まだなんとなく食べなくてもいいかなって思ったら
もちょっとお腹が空くまで食べるの待ってみましょうね(⌒□⌒*)
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL