腸内環境を整える、ヨーグルトの食べ方など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腸内環境を整える、ヨーグルトの食べ方

ヨーグルトを食べると、ヨーグルトの中の乳酸菌
ビフィズス菌が、腸に入って、腸の中の善玉菌の量を増やし
腸内細菌のバランスを良くしてくれる・・・
ってよく聞きますね
実は最近の研究では、腸内細菌のバランスはそんなに
変化しない 事が分かったそうなんです・・・



最近分かったのは、
腸内細菌は、ある物質を生み出して
その物質が、腸に良い事したり、悪いことしたりする 
ってことだそうです


例えば、肉や脂っこいものばかり食べて
便秘がちだと、腸の中の悪玉菌が増えます
これら悪玉菌は、腐敗物質 ってものを生み出します
すると腸の働きが悪くなったり、肌が荒れたり、
体の調子がいまいち になりやすくなります


反対に、乳酸菌や、ビフィズス菌は
腸の中をキレイにして腸の働きをよくしたり
腸の中を酸性にする物質を作って、
悪玉菌が住みにくくする環境を作ってくれるそうです


日頃、ヨーグルトをよく食べていると
インフルエンザにかかりにくい とか
Oー157にかかりにくい って話、聞いたことないですか?
その度にスーパーからたびたびヨーグルトがなくなってますが(-。-;)
こういった病原菌から感染するのを防ぐ働きも
善玉菌が生み出す、物質が関係してる そうなのであります


ほかにも、花粉症などのアレルギー症状を抑える とか
内臓脂肪を減らす、ピロリ菌の活性を抑える、など、
菌によって、様々な効果が報告されているけど
どんな良い効果をもたらしてくれるのかは、菌によって
得意不得意があるようだし
同じ環境で育った双子でも、腸の中の最近の種類は違って
人それぞれ、腸の中に住み着いている菌の種類も量も違うそうです


腸の環境を整えてくれるだけじゃなく
インフルエンザ対策、メタボ対策と、様々な効果が期待される
乳酸菌や、ビフィズス菌をいっぱい含んだヨーグルト
菌の効果をより一層高めてくれるヨーグルトの食べ方って?


まず第一に、賞味期限内に食べるべし
時間が経てば、乳酸菌の数が減っていきます
購入したら早めに頂きましょうね


それから、乳酸菌も、ビフィズス菌も、基本的には
胃酸には弱いそうな
なので、胃酸がたくさんある空腹時に食べるよりも
胃酸が薄まった食後に食べるほうが、
菌が出来るだけ多く元気な状態で腸まで届けられますよ( ̄▽ ̄)δ⌒☆
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。