低脂肪、無脂肪、砂糖ゼロな食品を選べば痩せやすい?など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低脂肪、無脂肪、砂糖ゼロな食品を選べば痩せやすい?

この前、あいれみの家で、アルコール、おつまみ持ち寄りの
女子会をやったんですよ
そしたら、見事に、砂糖ゼロドリンク
おつまみも、低脂肪、無脂肪なもの
ばっかり選んで持って来る子がいて、ちょっとひいちゃいました・・・
まぁ、女子会参加 の時点で
ダイエットは明日からね!っていう暗黙の了解があるんですけどね(〃ω〃)



確かに、同じような味で、同じような食感で
同じような食べごたえなら、
少しでも、カロリー低い方がいい って考えは
理解できなくもないんですけどね・・・


残念だけど、こういった低脂肪、無脂肪、砂糖ゼロ
食べ物ばかりを選んで食べていても
痩せる とは限らないし、
かえって太りやすくなる?!危険だってあるのであります


まず、低脂肪、無脂肪 と言っても
低脂肪、無脂肪=低カロリー ではないんですよね
食品の裏についてる、原材料表示を見てもらうとわかるんですけど
低脂肪、無脂肪のものは、砂糖や、人工甘味料が多く使われていることがあります


脂肪 は、確かに太りやすい というデメリットがありますが
食べたときの満足感があり、
すぐにお腹が空きにくい、腹持ちがよくなる というメリットもあります
なので、脂肪を控えた食品ばかりを食べると
すぐにお腹が空いて、食べる量や回数が増え
結果、食べ過ぎてしまう という危険があります


裏の原材料表示の中に、アスパルテーム が入ってたらちょっと要注意
アスパルテーム は、人工甘味料で、ほんの少しの量で
砂糖と同じくらいの甘さを出すことができるので
同じ甘さで、カロリーを低く抑えたい食品によく使われています


私たちがご飯を食べて
お腹がいっぱいになったときに
普通は、脳が、「満腹になったよぉー、もう食べなくていいぞー」
っていう満腹感を与えてくれる、化学物質を分泌するんですけど
アスパルテームなどの人工甘味料は、この満腹感を与える化学物質を
出にくくさせてしまうんだそうです!Σ(O_O;)Shock!!
なので、満腹感を得られずに、つい食べ過ぎてしまう危険があります
ノンカロリーについての詳しくは、コチラ↓
食べたい欲求、ノンカロリーで誤魔化そうとしてませんか? 


あまりカロリー、脂肪にこだわり過ぎてしまうと
ホントに食べたい、体が必要としているものが分かりにくくなります。
低カロリーなものを毎日食べて、いまいち満足できず、多く食べちゃうより
甘いものを、たまにガツン と食べて、うん満足、明日は食べなくていいな って方が
心もうれしい、体にも優しいダイエット法かなと思いますφ ヽ|・∀・|ノ▽
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。