寝ながら肩と胸の筋肉をストレッチする方法など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

寝ながら肩と胸の筋肉をストレッチする方法

あぁぁー今日も疲れたなぁ
肩もがっちがちで肩凝ってるし、ボキボキッ
でもマッサージしてくれる人もいないし(涙)
ストレッチやるほど元気もなぁい
でも、そんなんで丸くなって寝たら
次の日起きても肩凝ったまんま・・・疲れ取れないよぉ



今日の疲れは今日のうちに!
でも忙しい現代人やから、寝ながら疲れとっちゃおう!


まず、この方法は、体が柔らかくなってる、
お風呂上がり にするといいので
お風呂から上がって、お布団に入ったら早速やってみよう


まず、布団の上に仰向けに寝転がったら
多分枕が頭の上にあると思うのですが
その枕を、背中の下に移動させます
すると、思ったとおり?!背中が反ってお腹が反ってストレッチ!
猫背気味の人でも、背骨が自然とS字カーブを描くので
骨盤の位置も正しい角度になります


このときのポイントは、
腰のところに握りこぶし1個分の隙間を作るように
枕の位置を調節してね


えぇぇ!そんだけ?!いやいやここからが大事d(〃v〃)♪
効果をアップさせるために
両手をまっすぐ伸ばして、肩と同じくらいの高さにして
手の平を上に向けましょう
体でTの字を作るような状態ですね


それからさらに、3秒かけて、ゆっくり鼻から息を吸い、お腹を膨らませます
一旦止めて落ち着かせたら
こんどはゆっくり口から7秒かけて息を吐きます
そう!これって腹式呼吸
腹式呼吸を何度か行えば、
副交感神経が働いてからだが自然に睡眠モードになり
心地よい眠りを導きます


普段、私たちって前かがみの姿勢が多いから
肩や、胸の筋肉が緊張してることが多いんです
枕を背中において寝れば、肩や、胸の筋肉が伸びてストレッチされ
さらに、手のひらを上に向ければ、
普段内側に入ってる肩が外側に向いてストレッチ
腕の疲れも解消出来ちゃう!
その後の腹式呼吸でさらに胸の筋肉が開き、胸や腹筋のストレッチ効果もアップ!
うんうん!気持ちよく寝れるしいいこと尽くめ! ヽ(・∀・)ノ♪


ただし!この時使うのは、出来れば硬めの枕を使ってね
低反発枕や、柔らかい枕だと体が沈み込んじゃって効果がありませぬ
そばがら入りや、ちっちゃいパイプが入ってるような枕がいいよ
使ってなくて押入れに入れっぱなしのやつがあったら、
ストレッチ用にしちゃおう(б´∀`)б!
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL