食べたい気持ちを紛らわす時間は20分など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

食べたい気持ちを紛らわす時間は20分

しっかり食べたのに、数時間ほど経ったら
なんか 小腹すいた なんか 食べたい ってこと
ないですかぁ
食べたい気持ちを抑えたい 空腹感を紛らわしたい
その為にはどんなことすればいいの?



ちゃんと食べても、食後2時間くらいたつと
なんとなく小腹が空いたなぁ って感じるのって

体内の余分な脂肪が燃えようとしているサイン

なのだそうです!
へぇぇ嘘をぉ、又調子のいい事言っちゃって・・・って思われるかもしれまへんが
実はホントの話で


私たちが食べ物を食べると、まず糖質 がエネルギー源になり、燃えて使われます
それでも足りなくなると、次に体内では脂肪をエネルギー源にしようとするので
脂肪組織から、脂肪酸が分解して出てきて、血液に溶け込み
血中脂肪酸の濃度があがります
血中に増えた脂肪酸は、食欲中枢を刺激して、

おなかすいた

と感じるのだそうです


大事なのはこっからですぞ
ここで食べてしまうと、食べた糖質が燃やされてエネルギーになります
が!が!が!20分我慢して食べないと
血液中の脂肪酸がエネルギーに使われるので、
結果、脂肪細胞が減る事になります
脂肪酸が食欲中枢を刺激する事もなり、
「おなかすいた」気持ちもなくなります


つまり。20分待つだけで、空腹感を紛らわす  ことが出来るのであります
20分 どでしょうか 待つの簡単でしょ?
20分待てなくて脂肪が燃えずに、その後運動して脂肪燃やすのと
20分待って脂肪が勝手に燃えてくれる のと
どちらを選ぶかがダイエット成功の分かれ目?!
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

しっかり食べたのに、数時間ほど経ったら なんか 小腹すいた なんか 食べたい ってこと ないですかぁ
TrackBacked by まっとめBLOG速報 at 2012/11/16 03:10

このエントリーへのトラックバックURL