歩きながらロングブレスダイエットする方法など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩きながらロングブレスダイエットする方法

ロングブレスダイエットの呼吸法の他に
あいれみが興味を持ったのが、
ロングブレスしながらのウォーキング
ロングブレスで代謝が高まった後に
ウォーキングすれば、脂肪燃焼効率アップ!と聞けば
思わず今すぐ歩きたくなっちゃう!



基本は、4歩鼻で吸ったら、4歩口で吐く
このリズムで、テンポ良く歩くことができますよぉ
私たち普段歩いてるときって、お腹のこと気にしてないけど
ロングブレスウォーキングは、常に、お腹を引っこめて歩く!
のがポイントだそうです。


でも、あいれみも気がつくとなっちゃうんですけど
お腹を引っこめようとすると、肩にも変な力が入って
前のめりになりやすくなっちゃうんですよね・・・
ボクシングのボディーアッパーを警戒するみたいに(p--)=O=O
 

そんなときは、腸腰筋をしっかり使って、筋肉を前に見せるように、伸ばして歩く
腸腰筋は、お腹や腰の奥にあって、
背骨と足の付け根を繋いでいたり、
骨盤と足の付け根を繋いでいる筋肉のことです
太ももを上げたり、お尻の筋肉を引き上げる役割があります。


腸腰筋が弱ってしまうと、骨盤が後ろに傾いて、
猫背気味の姿勢になりやすいんだとか!
腸腰筋をしっかり伸ばして、大きな歩幅で歩けば、
なんと10歩でも十分な脂肪燃焼効果があるそうです


それと大事なのは、お尻もしっかり引きしめながら歩くこと
かかとから着地するときに、つま先をやや外側に向けるようにすると
お尻に力が入りやすくなります
お尻に力が入る→ヒップアップ効果も!
お腹引っこめながら、お尻引き締めながら、呼吸法も気にして・・・
って考えると足が絡んじゃいそうですね(汗)


ロングブレスウォーキングは、一般的な脂肪燃焼ウォーキングのように
ある程度長く歩かなきゃ より、引きしめたい部分の筋肉を意識しながら
1歩でも効果が出るように、しっかり歩くことかなぁと思ってます
まずはお腹に力入れて、呼吸で、スッツスッツスッツスッツ
ハッハッハッハ って、リズムとりながら歩くようにしてます
ロングブレスダイエット 楽天でのレビュー一覧
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。