腹筋トレするときに、引き締め効果を1.2倍に増やす方法など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹筋トレするときに、引き締め効果を1.2倍に増やす方法

ぽっこりお腹を引き締めたい時、いろんな筋トレ
運動があるんですけど
ただやみくもに運動するより
ちょっとした心がけで、効果が1.2倍に?!
今日は、その話と、
インナーマッスルを鍛える、お腹引き締めポーズをご紹介♪
テレビ見ながら、部屋でくつろいでるときに出来る
オススメポーズですぞ



まずは、ポーズのご紹介から・・・
座骨、お尻にあるとんがったような骨を
床に突き刺すようなイメージで、膝を立てて座る
太ももを両手でしっかりと 抱きしめて
息を吸いながら、お腹の中の筋肉、インナーマッスルを
意識しながら、背筋を伸ばす


息を吐きながら両足を持ち上げ、そっから膝を伸ばす!
ちょうど横から見た時に、カラダがお尻を中心にした
V の字を描くようなポーズ
この状態で、頑張って20秒ポーズ
最初は10秒くらいでキツイ・・・


かなりきつかったら、はじめは、両足を 持ち上げるところを、
膝が90度にまがったところでやめるとやりやすいです
慣れて出来るようになったら、だんだん足を伸ばしていけるといいですね


この動作のポイントは、引き締めたいたっぷたぷのお腹のお肉を
硬くするように意識すること
ボディービルダーの人は、筋肉に話しかけて使うこともするんですって!
筋肉により一層働きかけるために意識するのがなぜ大切かというと
筋肉を使う際に意識すると、使ってる筋肉からの放電量が増え
使う筋肉の量が増える んだそうです!
ただ筋肉を鍛えるだけじゃなく、意識するだけでトレーニング効果は1.2倍!
ぽっこりお腹に、「引っこめ~引っこめ~!」って言いながら
腹筋鍛えましょうね!
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。