酒太りを防止してくれる4つの食材など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

酒太りを防止してくれる4つの食材

お酒の飲みすぎは肝臓に悪い と言われてますが
実は、肝臓だけでなく、とっても大事なある内臓にも悪影響
肝腎 って言葉があるように
おつまみ選びを間違えると  腎臓にも負担大 ですぞお



お酒のおつまみに選ばれやすい
揚げ物、塩辛いもの・・・
のどが渇けばビールもうまい!ので
居酒屋で味の濃いしょっぱいおつまみを出されると
ビールを飲ませたいお店の企みか?!なんて疑ってしまうあいれみ
そんなお店の企みに嵌ってはいけません!
あなたの大事な、肝臓・腎臓のことを考えると
おつまみ選びは慎重に!


アルコールは体に入っても栄養にはならず
肝臓に行って、解毒化され、アセトアルデヒドに分解され
再び体内を巡って、戻った肝臓でさらに無毒な酢酸に分解され
体外に出されます
この大変な作業中に、一緒に食べるおつまみが脂っこいものだったりすると
脂質や、糖質の代謝は後回し、代謝されずに
体脂肪に変換され、どんどんたまってしまいます


問題はそれだけじゃぁないんですね
肝臓がアルコールを分解すると、血液中に乳酸が増えます
すると今度は、腎臓が、乳酸のせいで酸性に傾いた血液をもとに戻そうと
頑張らなくてはなりません
しかもここで塩分の多いおつまみが来ちゃうと、
体内の塩分調整もせなあかんので腎臓さらに多忙を極めます


腎臓、肝臓に負担をかけにくい酒のおつまみチョイスのポイントは
高たんぱく 低脂肪
そこで、選びたいのは
枝豆 砂肝 軟骨 モツ 
どれも噛みごたえがあり、噛むことで満足感が得られ食べすぎを防ぎます
たんぱく質が多いと肝臓が喜び、アルコールの分解や解毒が早くなりますよ
お酒の賢い飲み方は、肝腎にやさしいおつまみチョイス!
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL