そんなに食べていないのに、太ってきたのはなぜ?など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

そんなに食べていないのに、太ってきたのはなぜ?

そんなに食べ過ぎていないはずなのに
最近なぜか太り始めてきた
若い頃は、もっと食べていたのに
若い頃の食事量より少ないはずなのに
太ってきた・・・
あぁあ悲しき中年太りはなぜ起こる?



面白い現実があって((^┰^))ゞ
人間は30歳→50歳になる間
別に特別なことをすることもなく
普通に生きているだけで
毎年0.5%の筋肉が減っていってしまうんだそうです
つまり、30歳のときに60キロの体重だと
毎年300グラムの筋肉がなくなり
20年後の50歳では、全部で6キロの筋肉がなくなります


ふむむ なーんかちょっと怖い話だけど
まだまだピンとこないですよね


筋肉は1キロ増えると、じーっとしてても消費してくれるカロリー、
基礎代謝は13kcal増えます。筋肉が増えると内臓や骨なども増えるため、
50kcalくらい代謝がアップするって言われてます
逆に考えたら、1つ歳をとると、15kcal代謝ダウンの体になっているってことですね


1日15kcal代謝が減るって、大したことないみたいに感じますけど
年間5500kcalが消費されないってことです
これは、脂肪に換算すると750gに相当します
毎年750gが脂肪としてついていくことになりますが
ここでもっと恐ろしいのは、加算されていくこと!
31歳で、750gの脂肪がつき、32歳で1500グラムの脂肪がつき
33歳で2250グラム 
34歳で3000グラム・・・


計算したくない!!!o( ̄ ^  ̄ o)
まぁあくまで統計上の話なので(汗)
30歳からまったく変わらない生活をして、まったく同じ環境で過ごした場合っていう
極端な例かもしれませんが
私たちが思っている以上に、年齢を重ねるほど代謝が下がり
太りやすい体質になっていくってことが明らかのようですね
太ったからと食事制限をしてリバウンドしたり
有酸素運動が長続きしなくてウォーキング続かなかったりする前に
使ってない筋肉を使う 減らさない 
中年太りには 筋肉 に注目!
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL