もしかして隠れ不眠症?!眠りの質を高める方法など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしかして隠れ不眠症?!眠りの質を高める方法

毎日7時間から8時間寝てるから不眠症じゃぁないよ
って思ってる人多いですけど
睡眠は、量より質
いくら長い時間寝てても、カラダやココロの疲れが
取れなかったら意味がない!



ちゃんと眠れているか、どうやって調べるのかというと
睡眠時間と、睡眠の深さを、たてとよこの軸にしたグラフの面積で
測ります
睡眠時間がたっぷり足りていても、眠りの深さが足らないと
目覚めが悪かったり、起きても頭がぼーっとしてたり
そういう場合って、隠れ肥満 ならぬ 隠れ不眠症 かも?!


睡眠の深さ は、眠りにつく時間 が早ければ早いほど 深くなります
まず、私たちが眠りにつくと、ノンレム睡眠・・・脳が休まる深い睡眠 と、
レム睡眠・・・カラダが休まる浅い睡眠 が、
90分毎のサイクルで交互にやってきます
寝付いて一番最初にやってくるノンレム睡眠が、
一番深い睡眠になります


ところが、寝付く時間が遅いと、
一番最初のノンレム睡眠が十分深くなりません

その後は、どんどん浅い睡眠になっていくので

脳が十分に休まるノンレム睡眠が足らなくなって、
質の悪い睡眠になります( ̄◇ ̄;)エッ


例えば、夜22時に寝て5時に起きる のと
午前2時に寝て、午前9時 に起きるのとでは
同じ7時間寝てても、夜22時に寝るほうが、
頭がすっきり快適な目覚め を迎えることが出来ます
十分に寝てるのに疲れが取れない、
目覚めが悪い、寝た!という満足感がない 人は
夜やることを朝にして、出きるだけ早めに
布団の中に入るよにしてみてね{[(-_-)]}zzzzZZZZ
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。