食べたい欲求、ノンカロリーで誤魔化そうとしてませんか?など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

食べたい欲求、ノンカロリーで誤魔化そうとしてませんか?

ノンカロリー 、カロリーゼロって食品が
流行ってますねぇ
ジュース1缶で、だいたい150キロカロリー
ご飯1杯分くらいのカロリーがあるのですが
このカロリーをほとんど摂らずに
同じような味を楽しめる訳ですから
ダイエットをやる時には、積極的に選んでいけば
痩せやすくなる?!なんて、思っちゃいがちなんですけど
そこには悲しい落とし穴がぁ・・・



なんで甘いのに、ノンカロリーなのか っていうと
人工甘味料 を使って、甘くしてるからなのです
裏にある原材料名に、アスパルテーム フェニルアラニン とか
書かれてあるやつです
このような人工甘味料は、砂糖の100~200倍の 甘味を出すことが出来ます
なので、ものすごーく少しでも、しっかりした甘さを出すことが 出来るので、
食べ物に、ごく少量加えるだけで、砂糖をたくさん入れたような
強い甘みを感じることが出来るのであります


さて、問題なのは、このような人工甘味料 は
甘くても、ブドウ糖 ではなく、
化学物質で作られた、無機質 なのであります


脳の中の糖の量が減った時
脳は、ブドウ糖しか、栄養に出来ないので、
体の中にブドウ糖 を入れたくて
「甘いもの食べなさい」という、指令を出します


その時にノンカロリー食品でお腹を満たそうとすると
脳は、欲しいブドウ糖ではないものが体の中に入ったので
「それは違う!もっと食べるのだ!」っと怒り
脳から発せられる、食べたい欲求 が治まらないのであります
お腹が空いてぶっ倒れそうなのに、食べられないもの持ってこられたら
そりゃぁ怒りますがな


脳は、栄養失調状態で必死なのに、
欲しい栄養が入ってこないので
食べろ!食べろ!っていう指令を出しまくり、結果
お腹がいっぱいなのに食べ続けたり
食べたい!欲求が抑えられなかったり
太りやすくなる食べ方をしてしまう危険があります


それに、ノンカロリー、だから大丈夫
カロリー控えめだからたくさん食べても平気 だなんて
ついつい食べ過ぎちゃうことないですかぁ
人工甘味料を日常的に食べていると
だんだん甘みの強い飲料を飲む量が増えていく という
実験データも確認されてるとか・・・
ノンカロリー、ゼロカロリーへの過信はいけませんぞ!
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

なるほど〜
脳は、正直なんですね。
気をつけようと思います。
15キロダイエット成功したANZU at 2012/05/21(月) 23:51 | URL

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL