簡単小顔マッサージのポイント部分は2つなど、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

簡単小顔マッサージのポイント部分は2つ

毎日、鏡で見てる自分、うんうん、かわいい!って思ってても
写真やビデオを見たとき、なーんか違和感あるなぁ
なんだかあんましかわいくない・・・って思いません?
あいれみは、いつもです(汗)
鏡で見てる自分と、カメラに写った自分は、左右が逆なんです
カメラの自分は、見慣れてないから、
顔のゆがみが目立つのが 、違和感を感じる原因!



人は、噛み癖ってのがあって、普段、気にしてなくても
知らず知らず片側だけで多く噛んでたり
頬杖えついちゃってたり
横向きで寝たり・・・
そんな日常のささいな習慣が、顔をゆがませてしまいます


顔のゆがみをとるのは、マッサージ!
ていっても、高橋ミカさんのようなゴッドハンドは持ってないし
マッサージも正しくしないと、顔のしわを作るって聞いたら
どーしていいかわかんないわぁ!って思っちゃいますよね


が、小顔マッサージのポイントは、たったの2点! 
まぁ他にもいろいろありますが、複雑だとやる気も失せるし
多すぎると覚えられないので、勝手に2点に絞りました(汗)


 ①耳の下
中指の腹を耳の下のくぼみに置く
人差し指の腹を、あごの骨のえらの部分に置く
薬指の腹を、耳たぶの前に置く
耳の下を押すことで、あごの凝りが解消されます
ゆっくり押すと、唾液腺が刺激され、口の中に唾液がじわっと出てきます
唾液には、若返りホルモンが含まれてるので、老化予防に効果あり!
目指せ!見た目20代!


 ②ほお骨の一番高いところの下 
ここに中指を置き、人差し指、薬指は
中指の両隣に添えます
ほお骨の奥に指を入れるようなイメージで、3本の指でほほ肉を押し上げます


頬骨の下には、
唇を上げる筋肉 頬を上げる筋肉 噛む筋肉 
がつながっているので
ほお骨の下を押して、筋肉を緩めて顔のゆがみをとることが出来ます


気をつけたいのは、爪で肌を傷つけないように、指の腹で押すこと
人指し指、中指、薬指 の3本を使えば、場所がちょっとずれてても
必ずどれかは凝った場所に当たるはずですよ
関連記事

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

なるほど、鏡は反転するから写真とじゃ違って見えるんですね!
私も結構片方でだけ噛んだり頬杖を付いたりする癖があるので、顔が油断でいそうです(汗)
マッサージ、試してみます!

また、コメントさせていただきますm(_ _)m
引きこもり男の健康的に痩せるダイエット術!の戸ヶ瀬 at 2012/05/03(木) 10:42 | URL

URL:
コメント:
   

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL