骨盤底筋の鍛え方など、つらい、きつい、続かない方法では必ずリバウンドします、ストレスを感じることなく、ムリなく楽しみながら痩せよう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エストロゲンの分泌低下を食い止めて、卵巣機能をアップさせる方法

あいれみもめでたく?!40歳を過ぎ
女性ホルモンの減少に怯える年頃に
なってまいりました・・・
まだまだよぉなんて思いながら、
更年期障害!なんて言葉も、意外に遠い話では
なくなってきたりして!
スポンサーサイト

寝る前に一工夫!寝ながら腹筋と骨盤底筋を鍛える方法

寒いと、ついカラダを丸める格好で
肩や腰の筋肉が縮こまりがち・・・
ふとんの中で丸まって寝て
朝起きたら、背中ががっちがちになってませんか?
全体的に前かがみだと、お腹も緩んで
ぽっこりお腹の原因になってしまいます。
そこで!寝る前に、しっかり腰を伸ばす!
腰を伸ばしながら、下っ腹を引き締めましょう!

ぽっこりお腹を引き締めながら、骨盤底筋を鍛える

加齢や運動不足で、腹筋が弱くなると
骨盤が後ろに傾き、内蔵がだんだん
下がってしまい、下っ腹がぽこりの
ぽっこりお腹に・・・
しかも、重力に任せて下がった内臓が
押入れに詰め込んだ布団のように
窮屈に押し込められ
内臓の働き、消化・吸収・排泄 能力がダウン・・・

眠りやすくなる!寝ながら骨盤底筋を鍛える方法

骨盤底筋運動は、ちょっとづつでもいいので
毎日やることがポイント!
って言われても、日々忙しくして
つい忘れてしまい、寝る前に
あぁーあ、今日もやるの忘れちゃった・・・ってなったら
じゃぁ、お布団に入る前に、やっちゃいましょう!

骨盤底筋をより一層動かしやすくする体勢は?

骨盤底筋のエクササイズを行うのに
効果が現れやすい体勢は
仰向け と よつんばい
今回は、この2つの体勢になって行う際
さらに、エクササイズの効果をパワーアップ!させる
気をつけたいポイントをご紹介します

骨盤底筋を動かして、鍛えるイメージが掴みやすくなる方法

骨盤底筋がたるんでいると
子宮などの、内臓の位置も下がっています
内臓が下がると、血流が悪くなり
女性ホルモンの分泌も悪くなる原因に!
今すぐ!骨盤底筋のたるみにストップ!

骨盤底筋体操の効果をアップさせる

尿もれ って聞くと、高齢者に多いってイメージですが
実は最近、40代以降を中心に
20代、30代 でも、かなり多くの人に
「経験あり」と、身近な症状になってきているそうです
しかも、「尿もれ」が気になる季節は
これからやってくる、

骨盤底筋を鍛えるスクワットの仕方

昔の日本人は、畳や床に、直接座ったり
しゃがんだり、立ち上がったりする動作が多かったので
自然と、骨盤底筋が鍛えられていたそうです
でも、現代では椅子に座ることが多いので
あまりしゃがまないでいいですよね
ベッドで寝るとか、洋式トイレとか・・・
ホントしゃがむ動作をしないわぁ

テレビを見ながら骨盤底筋を鍛える方法

前回、寝ながら骨盤底筋を鍛える方法をご紹介しましたが
詳しくはコチラ↓
女性必見!寝ながら骨盤底筋を鍛える方法
このスタイルだと、寝ながらやけん
起きてる時も鍛える方法が知りたい!
とのリクエストにお応えして
今回は、テレビを見ながら、骨盤底筋を鍛えましょう!

女性必見!寝ながら骨盤底筋を鍛える方法

私たちが普段やってる腹筋って
腹横筋 に効かせる腹筋方法なのです
腹横筋 は、お腹の周りをコルセットのように
支えている、インナーマッスル(体の奥深くにある小さな筋肉)
この腹横筋を鍛えれば、お腹が引っ込み、
正しい姿勢を保つことが出来ます
が、女性が気になる、ぽっこりお腹って、
下っ腹が出てることが多いんですよね・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。